トップページ探す > > ららぽーと甲子園



ららぽーと甲子園

場所: 兵庫県西宮市
作成日: 2011年9月22日
更新日: (なし)

ファミリー向き 屋内 トイレあり レストランあり カフェあり 軽食あり 自販機あり
カップル向き タイプ 星ひとつ ファミリー向き
混雑 星ふたつ 混雑度 閑散
人工 星みっつ 自然度 自然
不便 利便性 星みっつ 便利
悪い アクセス性 星ふたつ 良い

駐車場情報

大・中・小の駐車場がいくつかあります。 それぞれ入り口や混雑状況が分かり難いので、警備員の方の誘導に従って入ってしまうのが確実です。 屋根付きの屋内駐車場が少しだけありますが、ほとんどが屋根なしの路面や屋上駐車場です。

規模 大規模
空き具合:平日 空いています。
空き具合:休日 昼から混みます。
料金方式 時間制(コインパーキング)
入庫可能時間 10時00分から23時00分
料金 200円/30分
割引 当日2,000円以上買い物すると2時間無料、5,000円以上で3時間無料
備考 最初の1時間は無料

ワンポイント・アドバイス

H&MやZARAといった神戸近辺では珍しいお店が入っています。 それと、各店舗が季節外れのセールをしていたりするので、見逃さないようにしましょう。

紹介

googleストリート・ビュー画面は県道341号線を東向きに走っているところです。 県道341号線と言ってもマイナー過ぎるので、ここまではナビか甲子園を頼りに頑張って辿り着いてください。 左手に映っているのがららぽーと甲子園です。 このように各駐車場の入り口ごとに警備員の方が立っていて、空き状況に応じて誘導してくれます。 素直に誘導に従えば間違いありません。

ららぽーと甲子園の屋上駐車場の画像

屋上駐車場です。 真ん中辺りに写っている照明灯は甲子園のものです。 ららぽーと甲子園と言うだけあって、甲子園がすぐそこにあります。 画像で見るよりも実際に見た方が近くにあることを実感できるはずです。

ららぽーと甲子園のH&M前の画像

早速、建物の中です。 ららぽーと甲子園は「ウッズウォークモール」と「リバーウォークモール」という2つのエリアに分けられています。 リバーウォークモールがイトーヨーカドーに近い方です。

画像は1Fのウッズウォークモールの一番端にあるH&Mと無印良品です。 無印良品は言うまでもありませんが、H&Mは関西では物珍しいです。 TVの露出ほど見かけないはずで、2011年9月時点で関西では大阪とこのららぽーと甲子園の合わせて2店舗しかありません。 H&Mは人によって好き嫌いがはっきり分かれる感じがします。

ららぽーと甲子園のGAPの画像

近くにはGAPがあります。 私はGAPの服を上手く組み合わせて着こなせるようになると一人前のオシャレさんという変な思い入れがあります。 GAPも好き嫌いが分かれるところでしょうけども、私は好きです。 いつもセンスの良い洋楽が流れているのが良いですね。 2FにはGAP Kidsのお店もあります。

ららぽーと甲子園のウッズモールを眺めた画像

1Fのウッズウォークモールの真ん中辺りです。 ららぽーと甲子園は2004年11月に開業しているのですが、2011年にリニューアルされました。 この辺りのお店はリニューアルによってオープンしたものが多いです。

リニューアル後のららぽーと甲子園がターゲットにしている客層は、母と娘のカップルじゃないかと思います。 母と中高生の娘、母と娘と孫(幼児)といった具合です。 なんとなくですが、出店しているお店や買い物に来ている人達を見ているとそう感じます。

ららぽーと甲子園のURBAN RESEARCH DOORSの画像

更にリバーウォークモール側へ進むと、URBAN RESEARCH DOORSがあります。 全体的に女性モノばかりを取り扱っているお店が多い中、このURBAN RESEARCH DOORSは男性モノが充実しているので好きです。 URBAN RESEARCH DOORSに限らず、ららぽーと甲子園にはセカンドラインのブランドが多く入っています。 セカンドラインのブランドは上手く買い物すれば安く仕上げられるので、私は嫌ではありません。

ららぽーと甲子園のキッザニア甲子園の画像

ウッズウォークモールとリバーウォークモールの境目にはキッザニア甲子園の入り口があります。 キッザニアも東京のららぽーと豊洲と、ここ関西ではららぽーと甲子園の2ヶ所にしかありません。 上手くテナントを誘致している感じがします。 このキッザニアの隣にはH&Mと同じくファストファッションのカテゴリーに入るZARAがあります。

ららぽーと甲子園のフードコートの画像

さて、画像は2Fに上がったフードコートを写したところです。 ちょうどキッザニアの入り口があるところの真上あたりにフードコートがあります。 フードコートは結構な大きさがありますが、この隣のエリアには「とんかつ和光」や「鶴橋風月」といった単独店もあります。 それでも12時を過ぎると混み合うので、お昼ご飯は12時を待たずに早めに食べてしまうのがお勧めです。

ららぽーと甲子園のクリスピー・クリーム・ドーナツの画像

画像はまた1Fに降りたところで、キッザニアの近くにあるクリスピー・クリーム・ドーナツです。 ドーナツと言えばミスター・ドーナツしか知らなかったのですが、このお店はアメリカの老舗ドーナツ屋なんだそうです。 こちらも関西ではまだ数店舗しかなく、兵庫県ではららぽーと甲子園にだけしかありません。

ららぽーと甲子園の3 can 4 on(サンカンシオン)の画像

リバーウォークモールを進むと3 can 4 on(サンカンシオン)といった子供向けのお店もあります。 他にも子供向けのお店はありますが、やはり狙いは母と娘であって孫ではないという感じがします。

ららぽーと甲子園のユニクロの画像

リバーウォークモールの端にはユニクロが入っています。 このユニクロも店舗が広いのでゆっくり見て回れます。 ユニクロ、GAP、H&M、ZARAと世界のファストファッションのブランドが一堂に会しているというのは凄いです。 この中では私はGAPが一番好きです。

ららぽーと甲子園のイトーヨーカドーとの連絡路の画像

ユニクロの隣がイトーヨーカドーとの連結口になっています。 こちらから自由に行き来ができます。 服や雑貨を買った帰りに晩ご飯の食材も買って帰るというゴールデン・パターンで締めくくることができます。

ららぽーと甲子園のイトーヨーカドー店内の画像

イトーヨーカドーの店内です。 正直、他のスーパーと比べて凄く安いということはありません。 ですが、店内は明るくて清潔で、広くて品揃えが充実しているので買い物がし易いです。 それと、ここにはアンパンマンやキティーちゃんなどのキャラクター・カートが充実しています。 子供達がそれを目当てにはしゃいでいるのを見ると、とても微笑ましく感じます。

地図

ららぽーと甲子園の地図です。

公式サイト

種別 公式
サイト名 LaLaport KOSHIEN
運営者 ららぽーとマネジメント株式会社
URL http://www.lalaport-koshien.com/
補足 マリンピア神戸、ブルメールHAT神戸と同じ三井不動産系列です。

あとがき

ららぽーと甲子園は「聞いたことはあるけど行ったことはない」という人が多いはずです。 私もその一人でした。 ところがどっこい、1回行くとその後も続けて行ってしまいます。 気軽に行ける雰囲気ながら、少し珍しいお店が沢山あるのが良いのでしょう。 昔はFrancfrancなどの家具を扱っている店舗がいくつかありましたが、2011年のリニューアルでなくなってしまったのが残念です。

更新履歴

更新日 更新内容
2011年9月22日 新規作成